魅力的な女性と対峙した時のマインド

魅力的な女性と対峙した時のマインド

それでは、また答えから言いますね。
「おまえのカラダなんて欲しくねーよ!」
です。

 

魅力的な女性と対峙した時のマインド

 

このマインドにより、女性の最大の武器を封じる
ことになります、自分の最大の弱点をなくすこと
ができます。
人間は手に入りそうで入らないものを最も欲しがります。
そして、魅力的な女性は、自分のその市場価値を
分かっているものです。
つまり、その女性の心の中では、
「自分の魅力なら、その男性を落として虜に
できるかもしれない、なのに、他の男と違って
自分の最大の武器であるカラダを欲しがって
いない。なんとかして自分の魅力を気づかせてやる」
というように心理が変化し、追っかけさせる
ことができます。

世の中、価値が低い方が、価値を高い方を追う

世の中、価値が低い方が、価値を高い方を追う
というのが真理です。
つまり、追ってしまったら、自らの価値が
低いと認めることにもなります。
ですので、一流ホストは決して追うことはしません。

 

魅力的な女性と対峙した時のマインド

 

追わせるのです。
当然、いくら一流ホストといえども、全ての
女性を追わせることはできません。
ですが、それでいいのです。
自分に合わない女性に労力や時間を使うメリット
は少ないです。
同じ労力や時間なら、自分に興味を示す、
自分の属性に合った女性にそれらをかけた方が
はるかに効率が良く、大きなリターンを得られる
ことを知っているのです。

マインドの重要性

さて、これで、
「おまえのカラダなんて欲しくねーよ!」
のマインドの重要性をご理解いただけたと思いますが、
「どうしてもそうは思えない」
「本当はカラダが欲しいんだ」
という方も多いと思います。
大丈夫です。安心してください。
例え、心からそう思えなったとしても、
そうであるフリをするだけでもいいのです。
実際のあなたの心や頭の中を、その女性が
見ることはできません。

 

魅力的な女性と対峙した時のマインド

 

ですので、
“実際あなたがどう思っているかよりも、
あなたがそう思っている、と女性に思わせること“
の方がはるかに重要なのです。
また、これも真理なのですが、
“女性は実際の事実や現実よりも、自分が信じて
思い込んだ現実を真実として信じる生き物である“
ということも頭の片隅に入れておいてくださいね。
そして、
「おまえのカラダなんて欲しくねーよ!」
というマインドを持つ、または持っているための
フリをするための具体的な方法ですが、私は、
“女性の価値を自分の脳内で下げること”
“自分自身の価値を上げること”
の両方同時のアプローチが良いと思っています。
女性の価値を自分の脳内で下げるために

どうしたらいいかと言いますと、人それぞれの
方法がありますが、一例を挙げますと、
「女性の顔の下は筋肉と骨じゃん」
と思ったり
「その女性は実はニューハーフ」
と思ったり
「その女性は自分の妹だ」
と思ったり、少し汚くて申し訳ないのですが、
「その女性も人間だし臭い屁もすればウンコ
もするし、飲みすぎればゲロも吐く」
と思ったりする方法があります。
ですが、これをやり過ぎてしまいますと
自分のモチベーションが下がりすぎてしまう
ことがありますので、加減してやるように注意
してくださいね。

自分自身の価値を上げる方法

そして、自分自身の価値を上げる方法ですが、
これは、私の別の無料レポート
「イケメンでなくても、女性が本能的に
惚れてしまう外見とは?」

「いい人を卒業して、即日セックスできる男に
なるための魔法の質問」
を読んでいただきたいのですが、簡潔に伝えますと、
‘清潔感’と‘ファッション’で女性に足きりをされず、
‘自信’と‘余裕’の‘雰囲気’を身にまとう
ことで男の価値を伝えていくことです。
これらができていることで、恋愛において、
あなたの魅力と価値は最大化されます。

 

魅力的な女性と対峙した時のマインド

さいごに

以上、
“女の最強の武器と男の弱点は女性のカラダ”
であること、そして、魅力的で自分が欲しいと
思った女性を手に入れるためには、
「おまえのカラダなんて欲しくねーよ!」
というマインドを持って対峙することである
ことをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
これは、分かっていても実際に自然にできる
ようになるまでには、かなりの時間がかかります。
ですが、このレポートでお伝えしたことは、
恋愛における本質的な真理ですので、是非、
何度もこのレポートを読み直し、理解し、
早速実践するよう心がけてしてくださいね。
モテる男はこれを意識してやっているか、
意識していなくても自然にできています。
それでは、あなたの恋愛の成功と幸せを心より

願っております。